Top > 法律 > 相続人を確定する手続き

相続人を確定する手続き

相続手続きで相続人を調べ、相続関係をはっきり確定するためには、市町村役場で管理されている戸籍を調べる必要があります。調べる戸籍には、現在のものだけでなく、除籍や改製原戸籍も含まれます。調べるには、謄本を請求して内容を読み取ることが必要です。

戸籍とは、 「戸」という家族の単位で国民を登録し、身分関係を公に証明するための公簿のことをいいます。日本では「戸籍法」という法律に基づいて編製されており、通常は夫婦とその子供によって1つの戸籍が構成されます。子供が婚姻した時はその戸籍から出て、新しく戸籍を編製することになります。

除籍とは、 戸籍簿に記載される人がすべていなくなったため除籍簿に綴られている戸籍のことで、相続関係などを確認するため除籍簿になってから80年間保管されます。戸籍簿に記載される人が除かれる原因としては、婚姻や離婚や養子縁組などによって他の戸籍に入ったり、死亡によって削除される場合などがあります。また、本籍地を他の場所へ移動した場合(転籍)も、従前の戸籍は除籍となります。

 

改製原戸籍とは 、戸籍法の改正により、戸籍簿の様式が変わり、新しい様式に作り変えられたため削除された元の戸籍のことです。やはり相続関係を確認するためには、この作り変えられる前の戸籍も必要となります。

相続関係を確定するために必要な戸籍謄本は以下のとおりです。

1.亡くなった方(被相続人 及びその相続人になる予定だった人)の出生から死亡までのすべての戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本

2.相続人全員の現在の戸籍謄本

 

亡くなった方の戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本は相続人の1人であれば、請求することができます。本籍地のある(あった)市町村役場で請求します。遠方の役場には郵便で請求できます。

必要な戸籍をすべてそろえるためには、戸籍の内容を正確に読み取る必要があります。しかし、古い時代の戸籍の記載は分かりにくいことが多く、読み取るためにある程度の知識が必要となります。 後から混乱しないように、また他人に説明する時のために、図にまとめておきましょう。相続関係説明図について

 

法律

関連エントリー
相続人を確定する手続き