Top > 健康 > 肌が健康になり出来にくくなった

肌が健康になり出来にくくなった

肌が健康になり出来にくくなった件についての話しです。わたしがニキビに悩まされるようになったのは、20代後半からです。

ちょうどその時に、職場での仕事のストレスがあり、また、そのストレス解消のために暴飲暴食をしており、それらが積み重なって、わたしは生まれて初めてにきびに悩まされるようになりました。

原因はストレスと食生活だと分かってはいました。

でも、食生活を変えることはできても、ストレスを無くすことなんてとてもできませんでした。

なので、結局ニキビは次から次へと絶え間なくでき続けていました。

化粧品カウンターに行って色々と相談して、その都度、進められた化粧品を買ってきて使ってみるのですが、なかなか良くなりませんでした。

そこである日、薬を買うついでに薬剤師さんに相談したところ、オロナインを勧められました。

化粧品に比べて安かったこともあり、試してみたところ、すぐに効果があらわれました。

元気な身体もテクニックさえ把握すれば可能かなはこちら

そのようにして、肌をいったんにきびのない状態にしてから、今まで勧められていた化粧品を使ったら、肌が健康になり、以前ほどニキビができにくくなりました。

今でもプレッシャーを感じると、ポツポツと2,3個にきびが出てきますが、オロナインを塗って対処しています。

健康

関連エントリー
肌が健康になり出来にくくなった